生理が来たのに妊娠することがあると聞きましたが本当なのでしょうか?

1ヶ月で一番妊娠しやすい時期

妊娠を望むのであれば、基礎体温を計り体のメカニズムを知って、妊娠しやすいであろうタイミングを計って妊活をするといいでしょう。

 

卵子というのはいつでも受精OKというわけではありません。
「妊娠可能時期」という、受精卵になる準備ができた時期というのがあるのです。

 

卵子は放出された時が最高に活発状態であり、時間の経過と共に退化していきます。
この卵子が放出される排卵日こそが、最も妊娠しやすい時期なので妊活中であれば排卵日を知ると効果的でしょう。

 

 

この排卵日というのは生理日から測定することが可能です。

 

生理周期というのは個人差が大きいのですが、排卵日は生理が始まった初日から14日前であることが普通なのだそうです。

 

もちろん排卵日だけが妊娠のチャンス、というわけではありませんが、排卵日や卵子の動きが活発である期間のことを考えてみても、生理予定日から12~19日前までさかのぼった期間が妊娠にベストなタイミングだと知ることができますね。

 

 

排卵日を知る方法としては、基礎体温を元にした方法もあります。
基礎体温が周期の中で最も下がった時こそが排卵日なのです。

 

毎日の基礎体温を記録して体のメカニズムを知り、排卵日を知っておけば妊活に役立つでしょう。

 

生理日と基礎体温両方を使ってより正確に近い排卵日を知ることができれば、妊娠しやすいタイミングを掴みやすくなるでしょう。

 

もちろん、妊娠というのは人体メカニズムだけでなく、その他の精神的な要素等も関わって成り立つので、タイミングにばかり気を取られないようにしましょう。

妊娠初期の兆候と生理前の兆候の違い

妊娠初期の兆候というのは生理前の兆候ととても似ているので間違う女性も多く、妊娠の経験がない女性はその兆候が生理なのか妊娠の初期症状なのか、迷ってしまう方もいます。

 

 

気分にムラが出たり食べ物の好みが変わる、だるい体、下腹部辺りに感じる少しの痛みはというのが妊娠における初期症状ですが、これらの症状は生理前や生理中にも感じうる症状なので、まさか妊娠の初期症状だとは思わなかった・・・という女性もいらっしゃいます。

 

 

しかし生理に関する症状と妊娠初期症状は確かに大まかには似ているのですが、些細な相違点もあるので知っておくといいでしょう。

 

例えば妊娠初期症状としてメジャーなのは食べ物の匂いで吐き気を感じる・酸味のある果物を食べたくなるといった症状です。
これらは「つわり」と呼ばれるもので、生理の症状では無い妊娠初期症状です。
分かりやすい症状だと言えるでしょう。

 

生理の症状も妊娠の初期症状も個人差がありますが、生理前に食欲が出るというケースも多く、妊娠では食欲がなくなってしまうというケースが多いようです。

 

また、生理では出血が付きものですが、妊娠でも出血することがあるので、驚く方もいるでしょう。

 

ただし妊娠の場合には出血量はそれほど多くなく、1日2日程で治まることがほとんどなので、妊娠の兆候としても分かりやすいでしょう。

 

 

また、体温が高い状態が続くことも妊娠初期症状の1つです。

 

これらのような些細な違う点を知っておけば、生理前の症状なの妊娠の兆候なのか自己診断もしやすいと思います。

 

ただし、生理の兆候も妊娠の兆候も個人差があり、一般的な兆候には当てはまらないケースもありますよ。

 

バイアグラ愛知県シアリス レビトラのed治療薬の処方病院

バイアグラシアリスレビトラなどのed治療 ed外来 早漏治療 ジェネリック 女性用バイアグラ 媚薬 サイズアップ プロペシアジェネリック 育毛剤 まつ毛育毛 女性用育毛剤 避妊ピル いびき防止 禁煙 睡眠 抗うつ 高血圧などの改善サポートを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/