生理の遅れは即妊娠のサイン?

生理が遅れると妊娠したのではないかと思う方も多いでしょうが、生理の遅れは妊娠以外が原因となることも多々あります。

 

ストレスを受けた体のホルモンバランスが崩れ生理不順が起こることもあり、現代社会ならではの症状だと言えます。

 

数日程度の生理の遅れであれば珍しくないことなのです。

 

生理の周期が基本的に一定だという女性でも、生活習慣が乱れたり強いストレスを感じることで生理が遅れるというケースもありますよ。

 

 

なので生理の数日程度の遅れで妊娠を意識するというのは、少し早合点かもしれませんよ。

 

生理がかなり遅れていて妊娠の可能性が高まった場合、その他の妊娠初期症状に当てはまっているかも考えてみましょう。

 

 

妊娠した際に体に起こる症状としては、つわり、胸の痛みやハリ、寝ても寝ても襲ってくる眠気や、長引く微熱や体のだるさなどがあります。
個人差がありどの症状が現れるかは異なってきますが、幾つかの症状が組み合わさって現れたりどれか1つだけという場合もあります。

 

特に「これは妊娠だ」と気付きやすい症状は、やはりつわりと長引く微熱・長い高温気でしょう。

 

生理の遅れというのは2、3日程度のことではなく、生理予定日から10日以上も遅れる場合のことを言います。
元々生理不順気味な体質であれば2週間以上の遅れを目安としましょう。
妊娠と思われる症状に加えて生理の遅れが見られるようであれば妊娠の可能性は高いと言えるでしょう。

 

早く妊娠かどうかを知りたいのであれば、市販の妊娠検査薬を購入して使ってみるのも良いと思います。

バイアグラシアリスレビトラなどのed治療 ed外来 早漏治療 ジェネリック 女性用バイアグラ 媚薬 サイズアップ プロペシアジェネリック 育毛剤 まつ毛育毛 女性用育毛剤 避妊ピル いびき防止 禁煙 睡眠 抗うつ 高血圧などの改善サポートを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/