釣りをするなら知っておきたい釣り糸の選び方

釣り糸の選び方

これから釣りをしようとしている人や、
すでに釣りを始めているけども
釣り糸に関してあまり詳しくない人は、
その知識をある程度蓄えておいた方が良いです。

 

実際に釣りをする場面で
全く使えない釣り糸などを入手してしまうと
目的を達成することができない可能性があります。

 

 

糸を購入する場合の選び方として知っておきたいのは、まず種類を理解することです。
一般的にはナイロンが利用されており、頑丈で細いのが特徴となります。

 

ある程度重たい魚を持ち上げるときでも、そう簡単に切れる事はありません。
細いため、持ち運びをするのもそれほど難しくないといえます。
非常に用途は広く、たいていの魚釣りの場面で活躍する種類の1つです。

 

 

これに対して、カーボン応じているものもあります。
カーボンは、基本的にナイロンに比べると頑丈ですが料金は高めに設定されています。
プロ仕様と言えるものはこのカーボンを使っているケースがあるわけです。

 

その特徴を見ていくと、
川釣りではなく海釣りに最適と言えるでしょう。
ナイロンほど伸びが良くないため、
魚が引っ張ったときその感触を確認しやすいです。

 

かなり初期の段階から確認することができるため、
素早く反応すれば大きな獲物を釣り上げることができるかもしれません。

 

 

カーボンはナイロンと異なり、劣化しにくいのが特徴です。
吸収性がないため、海水等を吸収することもなく劣化スピードが遅くなりやすいです。

 

太さに関しては、可能な限り太いものが良さそうですが太いからといって頑丈なだけでなくそれ以外のメリットやデメリットがあることも知っておくと良いかもしれません。

 

基本的に太いものを用いる場面は、ある程度大きな獲物を釣り上げる場合です。

 

例えば、カツオやそれ以上大きな獲物を釣り上げる場合には、
ある程度太さがないと糸が途中で切れてしまいます。

 

確かに細い糸でもナイロンやカーボンは頑丈に作られていますが、
それでも限界があるでしょう。
最初の1匹は良くても、
何回か使い続けるうちに切れやすくなる可能性もあります。