釣り糸の種類とその特徴を見極めよう

釣り糸の種類

釣り糸は素材により一般的に三つの種類に分かれています。
それぞれに特性が異なるため、釣果を伸ばすためにも、
その時に見合ったものを使い分ける事が何よりも重要です。

 

一つ目に挙げられるものがナイロンです。
ビギナーにとっても一番扱いやすいと言われているものであり、
適度にしなり、ハリやコシを合わせ持っているのがひとつの特徴です。

 

釣りをしていると糸が絡まってしまうなどのトラブルが起きやすいですが、
このようなトラブルが一番起きにくいです。

 

ウキ釣りや磯のウキフカセ釣りのミチイトなどによく使われていると言えます。
リールに巻いた時にしなやかなので扱いやすく、
ルアーフィッシングにも相性が良いです。

 

二つ目に挙げられるものがフロロカーボンと呼ばれるものです。
ナイロンと比べた場合にはハリやコシが強いのが特徴であり、
リールに巻いた時にはゴワゴワ感があるので扱い方が難しいです。

 

 

その反面多少傷がついたとしても耐えられる強さが魅力と言えます。
この特性を生かすために、
どんなジャンルの釣りでも針に直接結ぶ糸に使われます。

 

ナイロンと比べると伸びにくく、あたりが伝わりやすいと言えるでしょう。

 

最後にポリエチレンと呼ばれるものですが、
ポリエチレンはその他の二つとは異なり、
細い繊維を編み込んで作られています。

 

なんといっても引っ張り強度の強さと圧倒的な伸びにくさが魅力と言えるでしょう。
同じ強さのナイロンやフロロカーボンと比べた場合には、格段に細く作ることができ、
遠くまで糸をだしたとしても全く伸びません。

 

潮の流れの中でも抵抗を受けにくいため、
ピンと張った状態になりやすく、あたりがよく伝わりやすいと言えるでしょう。

 

このようなことから投げ釣りや船釣り、海でのルアーフィッシングなど、
リールに巻いておくメインラインに適していると言えます。

 

ハリやコシがないことと、根ズレに弱いことがデメリットとなり、
気が付くと釣竿に絡みついてしまったりすることもあるので十分な注意が必要です。